スポンサードリンク

FX さまざまな注文方法とは!?

FX さまざまな注文方法とは!? 著 者: 楽笑運営事務局

FXには、基本の「成行、指値、逆指値」の注文方法以外にも、
さまざまな方法があります。

IFD(イフダン)注文。
『IF=もしも、もしかしたら』『D=done=実行する』
という意味です。

たとえば
「米ドル円が102 円になったら1 万通貨を買いで注文する」
「その注文が通ったら次に、そのポジションを103 円になったときに決済する」

というように、自分の決めた投資ルールにしたがって、
事前に注文を出しておくことができるのです。

また、OCO注文という方法もあります。
OCO注文は『One Cancel the Other』の略です。

2つの注文のうち片方が通ったらもう一方はキャンセルする、
という意味の言葉です。

たとえば
「米ドルのレートが100 円になったら買いポジションをとる」
「米ドルのレートが110 円になったら売りポジションをとる」

という2つの注文を出しておきます。
米ドルのレートが100円~110円の間で動いているならば、
一方の注文が成立する瞬間がやってきます。

そうすると、もう一方の注文はキャンセルされます。

IFD注文、OCO注文を組み合せたIFO注文という方法もあります。

これらは、はじめから無理に活用する必要はありませんが、
FXに長く取り組んでいると

「こういう方法があればいいな」

という思いが出てきます。

そのときに探せば自分の投資ルールに合う注文方法が
見つかることが多いので、探してみてください。
アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

3Dタグクラウド(ブログ内の記事一覧です)項目別に探せます

このページの先頭へ